スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ブルガリアとギリシャとの国境の町、トルコのエディルネ。

ブルガリアとギリシャとの国境の町・エディルネ

イスタンブールから車で4~5時間。

街はヨーロッパの雰囲気が漂います。


エディルネには、トルコを代表する建築家ミマール・シナンの建てたモスク、セリミエ・ジャーミーがあります。
16世紀の建築です。
当時80歳の彼は、イスタンブールのアヤソフィアを越えるドームを作ることを目標にこのモスクを作ったそうです。

セリミエ・ジャーミーには、ハマム(トルコ式お風呂)の帰りに立ち寄りました。
ハマムに行くためカメラは持って行かず…

そのため、なんと!写真がないんです~~~~!!!

が~~ん。

それはもう言葉では表しがたい美しさでした。

夜に行ったのもありますが、お祈りしている人が数人いるだけ。
モスクの中は静寂が保たれていて、自然と無になり、自分の心の中にすっと入っていく感覚を感じました。


私が泊まったホテル、「ホテルキャラバンサライ」はシナンの建築です。
http://www.edirnekervansarayhotel.com/

通称ゴーストホテルとの評判もあるホテル。
回廊も雰囲気があります。
エディルネホテル回廊

到着した夜、部屋のドアを開けようと、昔ながらの重くて大きな鍵をがちゃがちゃ開けていると、突然廊下の電気が消えて真っ暗に!
ウワサどおり「ついに出たか!」と思い、オバケを見に回廊を歩き回ってみるとまた電気がつき…
なんのことはなく、人感センサーの電気だったのでした…。
そこだけハイテクにしなくても…まぎらわしい

ホテルの野外カフェ。レストランウェディングのような雰囲気。
   エディルネホテル外


エディルネには、バヤジット2世の医学博物館があります。
以前は、国立の大学付属の精神科病院だったところで、音楽療法などの治療をしていた場所。
仕事柄、興味津々で見学。
音楽療法1

音楽療法2

絵画療法もやっていたようで、デモンストレーションをしてくれました。
   絵画療法1

チューリップの絵ができた!
   絵画療法2

精神病を治すには、風・光・緑(だったっけ?)の3つの要素が必要だとのこと。
   音楽療法3


5月の初め、エディルネではジプシーダンスフェスティバルが開かれていました。
あいにくの雨でしたが、地元の人がたくさん集まってお祭り騒ぎ。
エディルネフェス2

   エディルネフェス3

早朝の儀式。願い事を書いた紙を川に投げます。
私も書いているとCNNにいきなり取材をされ、微妙な英語で「幸せになりたい」と答え…、
集中して書いていたのに突然マイクを向けられ、メディアって本当に勝手だな~と思った瞬間。
エディルネフェス1

エディルネへはイスタンブールからバスが出ていて日帰りでも行けます。


       



スポンサーサイト
2011-06-03 : [ココロとカラダに効く旅行]トルコ : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

イスタンブールの町並み。人々の活気、町のアート、ネコetc..

皆さん、こんにちは!

今日はイスタンブールの街の風景をご紹介します

イスタンブールは西洋と東洋が交差する場所。

信じられないほどエキゾチックでロマンチックな街です。
大好きな人と一緒に行くことをおススメします


新市街のタクシム広場。
タクシム広場

タクシム広場の花屋さん。
花屋1
青いバラが!
花屋2


タクシム広場からガラタ塔を結ぶメインストリート、イスティクラル通り。
   イスティカル通り

この混雑の中、トラムが走っています。
突然警笛を鳴らされて振り向くと、後ろからトラムが来てびっくり!
   イスティクラル通り2


金曜の夜の街。
食事を食べに来た人々でごったがえしています。
   金曜の夜の街

レストランの壁のアート。
フラミンゴ
   青い壁

落書きさえもアートに見えます。
壁の落書き

1泊したゲストハウス、ビンバブルビンテージの壁画。
ちょうどネコが飛び降りようとしている瞬間。イスタンブールはネコが多いです。
   フェフミの壁アート

イスタンブールの建物は屋上をテラスに活用していることが多いようです。
素敵な使い方ですね~。
   屋上テラス


次回は、ブルガリアとギリシャの国境の町・エディルネをご紹介します。
最後まで読んでくださってありがとうございます


2011-05-27 : [ココロとカラダに効く旅行]トルコ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

イスタンブールの建築たち。アヤソフィア、ブルーモスク、地下宮殿etc...

イスタンブールはヨーロッパサイドとアジアサイドがあります。

私が滞在したヨーロッパサイドは、ガラタ橋をはさんで旧市街と新市街に分かれます。

イスタンブールは、海と小高い丘陵に作られたランドスケープの中にイスラムの建築が点在していて、本当に美しい街でした。


旧市街 スルタンアフメット地区

アヤソフィア博物館。
アヤソフィア
ギリシャ正教の大本山だった後にイスラム寺院に姿を変え、現在は博物館。
ビザンツ建築の最高傑作らしいです。
   アヤソフィア2
アヤソフィア3
たくさんのモザイク画が残されています。
   アヤソフィア壁画2



スルタンアフメット・ジャーミー(ブルーモスク)。
ブルーモスク
ブルーモスクの由来となった青いタイルで埋め尽くされています。
   ブルーモスク (2)
ステンドグラスから差し込む光が美しい。
ブルーモスク3

モスクにはイスラムの人たちが普通にお祈りに来ます。
モスクの中で座っていると、イスラム教徒ではない私も心を静めることができました。
地震以来、あれこれ考えていた頭の中が無になれたような気がします。


地下宮殿。
地上から階段を降りていくと突然、ひんやりとした水の世界が現れます。
4~6世紀に作られた大貯水池です。
地下宮殿1


夜のトプカプ宮殿。
   トプカプ
今回は時間がなく、残念ながらトプカプ宮殿の中には入れませんでした。
有名なハレムがあります。見れなくて残念!
次に行った時の楽しみにします♪



新市街

ドルマバフチェ宮殿。
部屋は285室、広間は43室もある現役の迎賓館。
   ドルマ宮殿
ボスフォラス海峡沿いに建っています。
ドルマ宮殿2


イスタンブールのランドマークタワー・ガラタ塔。
   ガラタ外観
ガラタ塔からの景色。
サンセットの時間は、夕日が海面に反射してキラキラと美しかったです
ガラタ塔景色
ガラタ塔景色2

次回は、活気に満ちたイスタンブールの街の様子をお伝えします。
よろしければおつきあくださいね!

追伸:mionaonaさん、nunoopyさん、machikonさん、いつもコメントありがとうございます。中々お返事できずにすみません







2011-05-25 : [ココロとカラダに効く旅行]トルコ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

トルコのスイーツやファストフードはおいしいものがいっぱい!

皆さん、こんにちは

数日前に突然40℃の高熱を出しダウンしてました~。
遅ればせながら旅の疲れが出たのでしょうか?
やっと回復してきました
いろんなものをデトックスした気分です。

さて、気を取り直して、今日はトルコのスイーツやファストフードなどをご紹介します!


トルコ人と切っても切れないお茶、「チャイ」。
食事後には必ずチャイ。
お店で値段交渉をしている時もチャイ。
カフェには、昼間からチャイを飲んでいるおじさん達が…。
若い子たちはどこでお茶しているんだろう?
チャイ
「エルマ・チャユ」というアップルティーもあります。
チャイには角砂糖が必ずついてきます。

伸びるアイス「ドンドルマ」。
ドンドルマおじさんにアイスで遊ばれて、中々食べさせてくれませんでした。
   ドンドルマ


トルコのスイーツ「テル・カダイフ(手前)」と「トゥルンバ(真ん中)」。
どちらもひたひたにシロップがかけられていて、とっても甘い!
スイーツ
「スュトラッチ」というライスプティングもおいしかったです。

すごい着色料のケーキ。見ているのはきれい。
ケーキ

ザクロジュース。
通りかかる度に飲んでいました。その場で絞ってくれるのでとてもフレッシュ。
ザクロジュースは3TL(約180円)。
オレンジジュースなどは1TL(約60円)で飲めます。
   ザクロジュース

イスタンブールはスナックのスタンドがたくさんあります。
小腹がすいたらちょこっと買って食べられる手軽さ。
「スィミット(ゴマパン)」、「ムスル(焼きとうもろこし」、「クンピール(ベイクドポテト)」など。

下は、「ケスターネ(焼き栗)」。
   栗スタンド

イスタンブールに来たら絶対食べるべき「バルック・エキメッキ(サバサンド)」。
パンとサバ??って感じですが、レモンとたまねぎがアクセントになってすごく合う!
サバサンド
写真を撮り忘れたのですが、「ミディエ・ドルマス」というムール貝のピラフ詰めもすごくおいしかったです。
ガラタ橋近くのスタンドで。


そうそう、
私はお酒を飲まないのですがお酒についても書いておきますね。

トルコはイスラムの国ですが、お酒は手に入りやすいようです。
ロカンタ(大衆食堂)には置いてないところも多いようですが、レストランやホテルなど場所によっては飲めます。

トルコの代表的なお酒「ラク」。水で割ると白く濁ります。
トルコの定番ビールは「エフェス」。
近年、ワインも有名らしい。


最後に、おススメのレストランを一つご紹介します。

ガラタ塔のふもとにある「KIVA」。
現代風のおしゃれな雰囲気でゆっくりできましたよ。
お料理はメゼ(前菜)からデザートまで全部おいしかったです。
http://www.galatakivahan.com/
(トルコ語ですが、お料理の写真がたくさんのってます)
KIVA.jpg


次回は、モスクなどトルコ建築をテーマにしようかなと思っています。


2011-05-23 : [ココロとカラダに効く旅行]トルコ : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

世界三大料理のトルコ料理はとてもおいしかったです!

トルコ料理は、世界三大料理のひとつ。

日本人の口に合うのか、何でもおいしかったです。


トルコは食物の自給率が100%!
野菜やフルーツがとてもフレッシュでした。

エディルネという街のフライデーマーケット。
マーケット



さてさて、どんなトルコ料理を食べたかと言うと…↓↓


メルジメッキ・チョルバス(レンズ豆のスープ)。
定番中の定番スープ。レモンを絞って食べます。
豆スープ
トルコはスープが充実しています。
ドマテス・チョルバス(トマトスープ)、
イシュケンベ・チョルベス(羊の内臓のスープ!クセはあるけど好きな人にはたまらない)などなど。


トルコ風ピザ。
ピザ

クル・ファスルエ(白インゲン豆の煮込み)。
食事3

ピタにお肉を巻いたもの。白いのはヨーグルト。
ヨーグルトの酸味がお肉にすごく合います。
食事4

チキンとひき肉のケバブ!
食事5

もういっちょケバブ!
食事8

イスタンブールはお魚もおいしいです。
レモンをしぼって塩と胡椒でシンプルに。
食事6

ラムレバーのフライ。
唐辛子と玉ねぎ、ヨーグルトと一緒に食べます。
エディルネという地方の街で食べました。
ちょっと画像が小さいですが、アイランという塩味のヨーグルトジュースも。
食事7


次回はスイーツやおススメのレストランなどをご紹介しますね







2011-05-16 : [ココロとカラダに効く旅行]トルコ : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Makiko.M

Author:Makiko.M
1980年生まれ。天秤座。

モットーは、「好きなことをして楽しく美しくロハスに生きる」

大学で心理学を勉強中にベリーダンスに出会う。

自然との調和を大切にしたその精神性にひきこまれるも、社会人になり中断。

多忙で体調を崩した時、ベリーダンスに再会。

ダンスを通して、自然と調和して生きることが健康と美しさにつながると感じ、オーガニックライフを邁進。

ブログでは、ココロとカラダをキレイにする情報を発信中。

皆さんとのご縁がつながりますように。
☆'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆


初めての方はこちらをどうぞ。

Twitter

ランキング参加中

いつもありがとうございます。ポチしてくれるとうれしいです♪


キャンドルで節電を


ヒマラヤ岩塩のキャンドルホルダー
ヒマラヤ山脈で採掘された3億年前の天然塩の結晶。ピンク色のあったかい光に癒されます。
⇒ヒマラヤ岩塩キャンドルホルダーの過去記事

頑張る私にご褒美を

ブログ内検索

メールフォーム

お問合せやご質問はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ひつじカウンター

ひつじもがんばってま~す!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。